ミネラルの副作用と効果・効能

ミネラルの副作用と効果・効能

ミネラルの副作用と効果・効能

 

ミネラルとは

ミネラルとは、体内の構成成分のうち、
酸素、炭素、水素、窒素を除くすべての元素の総称のことです。

 

 

主要元素の体の全質量に占める割合は96%で、
酸素が65%、炭素が18%、水素が10%、窒素が3%で、残りの4%がミネラルです。

 

 

ミネラルのうち、体に必須なものは29種類あり、
その中で人間への必要性や有効性が証明されているものは16種類です。

 

 

ミネラルはビタミンと同様微量栄養素と呼ばれ、
たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミンと並び、5大栄養素のひとつです。

 

 

炭水化物やタンパク質、脂質は多くの量が必要ですが、
ミネラルの必要量は、ごく微量でありながら生命維持には不可欠の栄養素です。

 

 

同じ微量栄養素であるビタミンとの違いは、
ビタミンは「酵素の働きを助ける」ことが役割であり、
一方、ミネラルは、「体の部品」になるというのが役割です。

 

詳しくは、「ミネラルとは」へ

 

 

ミネラルの副作用と効果・効能

ミネラルの副作用と効果・効能の詳細は以下のページへ

 

カルシウムの副作用と効果・効能
マグネシウムの副作用と効果・効能
鉄の副作用と効果・効能
亜鉛の副作用と効果・効能
クロムの副作用と効果・効能
硫黄の副作用と効果・効能
塩素の副作用と効果・効能
ナトリウムの副作用と効果・効能
カリウムの副作用と効果・効能
リンの副作用と効果・効能
銅の副作用と効果・効能
マンガンの副作用と効果・効能
ヨウ素の副作用と効果・効能
セレンの副作用と効果・効能
モリブデンの副作用と効果・効能
フッ素の副作用と効果・効能

 

 

ミネラルの摂取量と上限摂取量

 

ミネラルは、食事、サプリメント、水などから摂取できますが、
できれば、食事だけで必要摂取量を摂取できるのが理想的です。

 

 

ミネラルも適度な摂取量であれば、体にとって有用な効果や
効能をもたらしますが、過剰摂取すれば有害になってしまいます。

 

 

サプリメントでも、ただただ摂取すればいいというわけでなく、
食事からの摂取量と併せて、トータルの摂取量を考えるべきです。

 

 

そのため、適切なミネラルの摂取量と上限摂取量を知っておくことが必要です。

 

詳しくは、「ミネラルの摂取量と上限摂取量」へ