マグネシウムの副作用と効果・効能

マグネシウムの副作用と効果・効能

マグネシウム副作用効果効能をみてみましょう。

 

◆マグネシウムとは
マグネシウムは約300種類の酵素の働きを助けるミネラルで、
大人の体には20〜28gほど含まれ、カルシウムやリンとともに骨をつくっているミネラルです。

 

 

マグネシウムの約57%は骨に、40%が臓器や筋肉中に、
3%が細胞外液と血中に存在し、全体重の約0.1%をしめます。

 

 

マグネシウムは体で様々な働きをしますが、
不足しやすいミネラルの一つでもあります。

 

 

特に、アルコールを多く飲む人は注意です。

 

 

◆マグネシウムの過剰摂取による副作用
マグネシウムは、健康な人の場合は多く摂っても、
余分な分は尿や汗から排出され、副作用が起こることはありません。

 

しかし、腎臓の病気や腎臓の機能が低下している場合、
マグネシウムを過剰摂取すると、副作用のリスクが高くなります。

 

(腎臓に障害があった場合の、副作用の症状)
・下痢(腸に水分を引き込むため)
・高マグネシウム血症
・筋力の低下
・心臓発作
・のどの渇き
・眠気が多くなる
・呼吸機能低下
・神経機能の低下
・嘔吐(おうと)

 

 

◆マグネシウムの効果・効能
・精神を安定させる効果
・生活習慣病の予防・改善効果
・骨や歯を丈夫にする
・筋肉の収縮を助ける
・便秘の解消
・偏頭痛の緩和
・エネルギー代謝の正常化
・動脈硬化の予防
・心臓病の予防
・高血圧の予防
・高脂血症の予防
・糖尿病・血糖値の改善

 

 

◆マグネシウムが不足すると
通常の食事をしている場合、
マグネシウムが不足することはありません。

 

ただし、睡眠不足、運動不足、ストレス、大量のアルコール摂取の時には
体内のマグネシウムが必要以上に消費されるため、不足しがちになります。

 

また、加工食品や清涼飲料水など、
リンが多く含まれる食品を過剰摂取するとマグネシウムの吸収が妨げられてしまいます。

 

・血圧上昇
・不整脈
・動脈硬化
・狭心症
・心筋梗塞
・発育不全
・筋肉の痙攣
・皮膚や筋肉などへのカルシウム沈着
・神経過敏症などの神経症状
・不安や抑うつ症などの精神症状
・記憶障害
・注意力散漫
・骨粗しょう症
・糖尿病
・不眠

 

 

◆マグネシウムが多く含まれる食品
・葉野菜
・ナッツ類
・バナナ
・いちじく